ふくろうに魅せられ、山梨県高根町に半移住した。

しかし・・・・・・もっと、魅せられる鳥と出会ってしまい
今や、完全に心を持っていかれてしまった。

「クマタカ」である。今年の私のテーマの中に置くべき、鳥で、
7月~8月の小淵沢の

個展は、やはり蒼穹の一会で行きたい。

クマタカは絶滅危惧種の手前。軽度懸念 (Least Concern, LC)
ほぼ、絶滅危惧種なのだ。

漢字表記は「角鷹」「熊鷹」などで、羽を開くと、畳1枚(一畳)強の大きさの
国内の鷹では一番大きな鳥で、この大きさの鳥が谷の底や尾根の稜線ギリギリ
を飛んで行く。1日約8時間の待機で長くて5分。短いと10秒ほどのチャンスを
ものに出来た日の帰りは、刺身を買って勝利の美酒に酔う。いや・・・・・・
酒など無くても十分に酔える。心が弾む。脳内アドレナリンが出続けるほど、
貴重な1枚が嬉しさひとしおである。この鷹に睨まれたら、どんな獣も動きが
止められ、私の心を魅了して止まない。

くくくくくくっ(笑)ファインダーを覗きながら笑いがあふれ出る。
独り言を連発して奇声を上げながら、台の大人が狂ったかの如く
シャッターを連射する様は・・・・・・・異様そのもの。

私は、ポイントに着き、撮影の準備し終わると、谷に向かい山神様に
今日も素晴らしい出会いがある事をお願いする。


EF800mmF5.6L USM + 1Dmk4 トリミング
AF5I0423-1_700


















AF5I0455-1_700


















もっと・・・・・・もっと・・・・・・・努力が必要だ!
頑張るぞ・・・・・・・!!!!(可可)