「蒼穹の一会」 

大空の澄み渡る「蒼」。 日の出前の一瞬の心がスっとなる「群青色」 「青」との一期一会。

2015年06月

「日出処。美しき国」
序章は・・・・・ やうやうと風の吹き、緑の草原の草が波立つ「高天ヶ原」の脇の森の奥深い処に、森の精霊が宿る、一本の大木があります。大木は森羅万象の真ん中で、周りには花が咲き乱れ、毎日、小さな小さな宴を妖精たちが祝し、大木はまるで森の屋根の様 …

このページのトップヘ