私たち森の番人の活動  
『フクロウ繁殖支援活動』
環境の変化を受けやすい繊細なフクロウは、美しい自然と豊かな水を供給する「森のバロメーター」と言われていて、自然環境の変化にとても敏感です。
一見、人間には気付かない程度の環境の変化によっても、フクロウは姿を消してしまうからです。
フクロウが居つく森は、森が豊か証しなのです。

林野庁の認可の元、「バードサンクチュアリ」と呼ばれる野鳥の保護区域を八ヶ岳の国有林に設けて、鳥たちが住みやすい森づくりを行っていきます。森のグリーンキーパーと呼ばれる我々「森の番人」が、日々森の様子を見ながら、「バードサンクチュアリ」を始めとする森を整備しています。森の整備は、野鳥や動物を守るだけではなく、人の精神状態も豊かにし、癒しを与えてくれます。我々と共に歩みませんか?
ブレない活動を強い意志を持って
我々、写真家の「写真力」が、世に自然保護の啓蒙活動をして行きます。2/9 「フクロウの日」に設立しました。宜しくお願いします。

一般社団法人 八ヶ岳 森の番人 フクロウエイド  

 代表理事  斉藤嶽堂

IMG_3758