いやはや.1500キロの長旅の疲れも抜けた。当年55歳。なかなか疲れが抜けなくなった。次回からは車中泊はやめてホテルに泊まろう。

さて、忘れていません。
トラフズクの三兄弟。
2羽並んでました。1羽は少し離れていました。もうすっかり親と同じ色の羽が生え、貫禄も出てまいりました。

アオバズクはウロで抱卵中のメスを労わる様に、厳しい眼差しで見張りをしてました。
アオバズクはこれからですね。楽しみです。