写真家として、ガイドをしてるのは「どうなの?」って、疑問がドンドン大きくなりました。

「作家」として生き抜く。
ナチュラリストとして生きて行く事に決断しました。

フクロウを見せて金を頂く姿勢が、自然保護と向き合う姿勢なのか?
フクロウを金儲けに使うのは良くないと思う。見せられないで金を貰う精神力を持ち合わせていない。フクロウや動物の居場所を教えて、自然保護に、フクロウ保護になるのか?

沢山の疑問を感じながらも短い間ですが、ガイドさせていただきました。

これからも・・・・・
フクロウを撮影する事は続けます。
フクロウを書く事も続けます。
フクロウを語る事も続けます。

それは自然保護・フクロウ繁殖支援に繋がる啓蒙活動の一環だからです。

八ヶ岳南麓をフィールドとして、ネイチャーフォト教室は続けます。

それは写真撮影の楽しさを伝えたいから。風景・植物・動物の撮影術は広めて行きたいと思います。

仲間とフクロウ繁殖支援活動も続けます。八ヶ岳の自然保護を呼びかけて行きます。

どうか!ご理解下さい。

                               写真家  斉藤嶽堂 拝。