飲兵衛。なんだかだらしが無いイメージの言葉である。
飲助。さらにダラシない印象。
「すけべえい」すけ=女+兵衛 すけべ映画の助兵衛は女兵衛と書くから。飲兵衛の方が判りやすい。しかし・・・・・・
武士の「士」を付けて、飲士(のみし)とするとなんだか締まる。
で、飲を呑にして、士を師にすることで、なんだか、酒を飲むことに文化を取り入れる。「呑み師」。

うん。酒を飲む人で、知的な文化を感じさせる人を「呑師」とする。
何処ぞの、酒造メーカーにこの名前の酒か?焼酎を作ってもらい売るか?
ラベルは、信楽焼のタヌキがいいな。

飲兵衛オヤジが、「呑師」。
なんだか正当化した、曲げられた信実の様だな。