今日、3/9(水)14時に協会へ資料提出した箱が届けられた。

箱の中に「入会内定通知」が入れらていた。

昨年末のブログに書いた昨年の出来事と、今年の抱負。
3月に出版する予定の写真集を当てに「日本写真家協会」入会。と書いた一行。まだまだハードルが高い。難易度が高く今年の末までに資料を揃えられたら入会申し込みをしてみようと、思いました。昨年10月に入会出来た日本風景写真家協会。周りの皆さんは名の知れた巨匠ばかり。名刺交換をさせて頂くとほとんどの皆さん、日本風景写真家協会の上に「日本写真家協会」がある。
うっ・・・・・・「頑張れ!自分!」同年代の先輩も日本写真家協会とある。近々頑張るぞ!って心でつぶやく。

2016年度の入会申し込み締め切りは1月末。来年度にはエントリーできるかな?
なんて、思っていたところに、八ヶ岳美術館のチラシ・ポスターが出来上がって来た。「ん?もしや・・・・・・」慌てて協会より申し込み資料を取り寄せる。
先輩の推薦が2名必要。
慌てて、電話して心に決めていた推薦して頂ける先輩の写真家へ連絡をとり、慌てて資料を揃え1/28に協会へ資料の詰まった箱を輸送した。
1月の下旬に協会から一度、再確認の電話を頂く。緊張する毎日。
和歌山県の高野山へ撮影と題して旅に出た。実はお大師さまに願掛けをしに出かけた。護摩を焚き手を合わせて不動明王さまにご祈祷する。
奥の院でお大師さまに直接、手を合わせ願掛けをした。
毎日・毎日、頭から離れない。
毎日・毎日、祭壇に向き合う。

この約1カ月半。
色々とあり得ない問題が起きる中、私の心は一心に願掛けをしてきました。

封筒を切る。
恐い。怖い。
内定通知を確認し、不思議と落ち着き受け止められた。

さあ・・・・・・
これで、同じ土俵に立てた。
53歳の冬。大器晩成。遅咲きの春。
これからが、此処からが、始まりだ。

今日は、15年近くも会ってない弟の誕生日だな。46歳になったんだな。

ふと・・・・・・
熱く込み上げて来る物を感じる。

明日から日本風景写真家協会展が四ツ谷で開催されます。