ウキによると・・・・・
雨氷(うひょう)は、0℃以下でも凍らない過冷却状態の
雨(着氷性の雨)が、地面や木などの物体に付着する
ことをきっかけに凍って形成される硬く透明な氷のこと。
 着氷現象の一種でもある。

雪よりも重く枝や幹に絡みつき、木々がバキバキと倒木。
50年ものの白樺が幹の真ん中からなん本も折れていまった。

けれど・・・・イバラの荒地は紫色のツルの様な野バラに
氷が付着してピカピカと光美しい。
凍りかけて風に逆方向に伸びる。まるでアート。
霜柱や沼の表面が凍るのも面白いが、雨氷はアート性が
高い。

ま、ご覧下さい。

30A3nobi_800

















30A3nobi-2_800

















30A3nobi-3_800

















30A3nobi-4JPG_800

















30A3nobi-5_800

















30A3nobi-6_800

















30A3nobi-7_800

















30A3nobi-8_800






































30A3nobi-9_800